新潟県長岡市の工務店アークエイト 新築一戸建て住宅・注文住宅・家づくり

【世界の家】アメリカの住宅事情

様々な角度から「家」や「住宅事情」を追求してみよう!というわけで世界中の住宅情報をご紹介していこうと思います(^-^

第一回目は「アメリカの住宅事情」です★

アメリカ住宅

アメリカの家といえば「大きい」というイメージがあるかと思います。海外ドラマ(アメリカ)なんかに出てくる家は広い家が多く、事実、世界でアメリカの住居の平均平米面積は148㎡です。アメリカはダントツに家が広いのです。日本はアメリカと違い、国土も狭く資源も少ないので明らかに日本の住宅は小さいのはしょうがないのですが・・・。

そして田舎の方や少し郊外へ行くと平屋も多いのです。

※少し路地に入ったイーストロサンゼルス
また、どの国も同じように貧富の差はありますから一概にアメリカの家!とはいえません。トレーラー(車)ハウスで暮らしている人もいます。

アメリカ住宅

ただ、アメリカは中古住宅販売が激しいようで、なんとアメリカでは全体の78%が中古住宅なのです。そして土地のお値段は完全に治安のレベルに比例するようで日本のように「駅が近い」とか「ショッピングセンターが近い」といった価値ではないようです。どこで家の価値を決めるか、それは治安状況だそうです。治安の良しあしで家の価格が上下します。時々、アメリカドラマなんかみると「●●地区に住んでるの!?(貧乏なんだ~)」というセリフを耳にしませんか?そういった差別的な部分もあるみたいですよ。

またリフォームは自分でやることが一般的で、床を張り替えたり、壁を塗ったり、柵を作り、インテリアを整えたりとセルフリフォームが多い様子。

地下室、ガレージ、庭があるのは当たり前、トイレ・バスルームも家に2個以上あったりします。日本でお風呂が2つなんて、なんて贅沢な!となりますよね(笑)あたたかい西海岸に住むいわゆるセレブ様の住宅にはプールが完備が当たり前のようです。

面白い話として、アメリカでは家ごと引っ越し!なんてこともあります。

アメリカ住宅事情

すごいですね、やはり考えるスケールが違うというか何というか。

さすが、自由の国、アメリカです。

そして家の生活習慣もふまえますと、よく靴を履いたまま生活するイメージのテレビが多いのですが、実は靴を脱ぐ家庭もあります。靴でそのまま家に入る場合は靴裏を拭くマットがあり、礼儀としてそこで靴裏をキチンと拭き家に入る習慣もあるそうです。

というわけで、ざっくりですがご紹介させていただきました。また新たな新情報があれば更新していきたいと思います♪

さて、アークエイトではお引越しする家づくりはできませんが、地震大国の日本に必要とする「地震に強い家」を推奨しております。鉄と木の複合梁を搭載した「テクノストラクチャー」で地震・台風・豪雪に強い家づくりをご提案しております。

>>>家づくりのご相談はこちら

災害に強い家づくりを得意としたアークエイトへぜひご相談下さい★

【WEBで家づくりスタート】家に居ながら簡単・無料「おきぷら」でプラニング

まずは今頭に描いている理想の「家」を形にしてみませんか?
どのくらいの予算で、どんな感じなのかを把握できます。
インターネット環境のある場所なら、どこでも・いつでも始められる、「お気軽」に「プラニング」申込みサービスおきぷらを是非ご利用下さい★
planningstart


新潟県長岡市の工務店 株式会社アークエイト
URL:http://www.arceight.co.jp/

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。